スポンサーサイト

  • 2012.05.08 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


        

シンポジウム「地域の活力高めるオンリーワンメセナ〜近年のメセナアワードから〜」終了!

 4/11、アサヒ・アートスクエアで開催したシンポジウムが終了しました。春の嵐にもかかわらず、100名近くのご参加をいただきありがとうございました。今回は、(株)シベール(山形)の熊谷特別顧問と油機エンジニアリング(株)(福岡)の牧田代表取締役の初顔合わせ。大阪からは哲学者の鷲田清一先生を迎え、活気あふれるシンポジウムとなりました。

4人のパネル・ディスカッション
4人のパネル・ディスカッション

企業トップのおふたりのユニークで情熱的な活動とお話しぶりに、会場からは笑い声が上がり、終始活気ある雰囲気に包まれました。モデレーターの協議会事務局長荻原からは、さまざまなタイプの地域メセナの取組みを紹介。
会場の様子
会場の様子

シンポジウム終了後は、交流会も行われ、ビールと食べ物を手に、会話が弾みました。登壇者のみなさま、参加者のみなさま、会場とドリンクをご提供いただきましたアサヒビール様、どうもありがとうございました。(M.S.)

        

石見銀山の麓・大森の地に根ざした社業と文化支援、その思いに触れる

 9月15日(木)、企業メセナ協議会・会員交流会(協力:アサヒビール)を
アサヒグループ本部ビルにて開催しました。
プログラムは、(1)特別講演会「石見銀山の麓・大森の地に根付いた社業と文化支援」、
(2)会員主体の協議会運営を目指して〜キックオフミーティング〜、
(3)懇親会の3部構成。
ここではまず(1)特別講演会についてお知らせします。

世界遺産・石見銀山の麓、島根県大田市大森町に社屋を構える義肢・装具メーカー
中村ブレイスの中村俊郎社長にご講演いただきました。

山間にある人口約500人の町にありながら、世界中から感謝の手紙が届くことで有名な
中村ブレイスとは、一体どのような企業なのでしょうか。
その社業について、また、石見銀山の世界遺産登録に大変ご尽力された中村社長の
その思いについて、今回はじっくりと聞かせていただきました。


>中村ブレイス・中村俊郎社長
続きを読む >>

        

【企業メセナ協議会9月開講新講座】メセナを知る、メセナを語る~アートでつながる地域・市民・企業 ~

 ヨコハマトリエンナーレ2011が開催中の横浜で、企業メセナについて学び考える連続セミナーを下記の通り開催します。
連続受講をお申し込みの方には昨年発行した『「メセナ」を知る本』を進呈します。
会場は、BankART Life3「新・港村 小さな未来都市」内のスペースです。
これまでの日本の企業メセナについて学びたい方、これからの企業メセナについて考えたい方、
この機会にぜひ奮ってご参加下さい。
<以下、http://mecenat.or.jp/img/kmknews/mecenat_yokohama0824.pdfと同じ内容>
続きを読む >>

        

AAF世界ネットワークプロジェクト 国際シンポジウム

現在企業メセナ協議会は、アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)世界ネットワーク・プロジェクトのコーディネート事業に協力しています。

AAF10周年の特別企画は、アジア各国のアートによる地域活性に取り組む団体から7名を招聘し、東北で被災したAAFネットワークの団体を訪問、文化による復興支援活動を視察するというものです。

今後、日本と世界のアート関係の団体が知恵や経験を共有しながら、被災地の文化によるコミュニティー再生においてともに取り組んでいくための国際ネットワークづくりを目指しています。

その一環として、国際シンポジウムが八戸と東京で開催されます。
入場無料、一般公開のシンポジウムでは、文化による社会再生をアジアの若きリーダー達と一緒に考えます(日英同時・逐次通訳あり)。
彼らと参加者とのディスカッション、また終了後は交流会もあります。
会議の模様はインターネットでも中継されます。

是非ふるってご参加、ご視聴ください!

続きを読む >>

        

京都のメセナ拠点を巡る2日間。

 7月22日・23日に、協議会会員限定企画として「京都のメセナ拠点を巡る2日間。」を実施しました。
タイトル通り、京都に活動拠点をおく企業や施設を訪問。(株)ワコール、京都ブライトンホテル(株)、アサヒビール(株)の活動をじっくりと視察しました。

22日は(株)ワコールのご協力で、京都服飾文化研究財団(KCI)と幸和館を視察。
KCIはワコールのメセナ活動の拠点で、西欧の服飾および服飾に関する文献や資料を体系的に収集・保存、研究・公開する機関です。同公益財団の運営について、また研究についてレクチャーいただいた後、財団内にある展示室と補修室をご案内いただきました。
KCIギャラリー
▲KCIギャラリー《収蔵作品紹介VI》頭上の楽園―帽子/鳥の剥製がのった帽子に一同驚愕!
KCI補修・修繕室
▲KCI内補修室/補修・修繕の現場も見せていただきました。実際の作業方法などについての質問も快く応えてくださいました。衣装によっては、1ヶ月作業に費やすものもあれば、1日で済むものと様々だそうです。
続きを読む >>

        

創造的でなければ企業も社会も持続しない〜「メセナフォーラム2010」シンポジウム

12月3日(金)、4日(土)2日間にわたり、開催した「メセナフォーラム2010 創造力が社会をひらく」。2日目に会場にてお見せしたスライドから、初日の様子をハイライトでご紹介します!(「続きを読む」をクリック)

贈呈式に引き続き、シンポジウム「創造的で活力ある社会のために」では、独創的な経営で知られる(株)林原(メセナ大賞1991受賞)、(株)フェリシモ(メセナアワード2004文化庁長官賞受賞)の両代表取締役社長、林原健氏、矢崎和彦氏、およびメセナアワード審査委員の鷲田清一氏をお迎えし、社会および企業にとってのメセナの価値、これからの社会創造と芸術文化についてお話をうかがいました。
なごやかな雰囲気の中にも、ズバッと鋭い見解が散りばめられた、刺激的な時間となりました。


続きを読む >>

        

企業の姿を映し出す多様なメセナのかたち〜「メセナアワード2010」贈呈式

12月3日(金)、4日(土)2日間にわたり、企業メセナ協議会設立20周年・全国メセナネットワーク創設15周年記念「メセナフォーラム2010 創造力が社会をひらく」を開催しました。

2日目に会場にてお見せしたスライドから、初日の様子をハイライトでご紹介します。
まずは、優れた企業・団体のメセナ活動を表彰する「メセナアワード2010」贈呈式です。
毎年、感動する受賞者スピーチですが、今年は例年に比べても特にたくさんのお客様から「スピーチがよかった。感動した」と声をかけられました。

Ustreamにて映像を公開しています。
http://www.ustream.tv/channel/mecenat-forum-2010
ツイッターでも当日および終了後の反響がどんどんアップデートされております。
http://twitter.com/mecenat2010
いずれも長いですが、ぜひ臨場感あふれるナマの雰囲気を体験ください!

受賞した各社トップのなごやかな笑顔!!!

続きを読む >>

        

シンポジウム報告「国境を越える文化の価値―ひとりひとりが造る『文化外交』―」

去る3月11日、国際交流基金、ブリティッシュ・カウンシル、
企業メセナ協議による共催シンポジウムを
国際文化会館にて開催いたしました。



ホールデン氏は、英国の代表的なシンクタンクであるDEMOSで
長らく文化部長を務められ、文化の価値や文化外交について、
研究をされています。
DEMOSのWEBでは、数多くのメッセージが発信されていて、
文化の価値やソフトパワーについての「打ち出し方」に、
感心することが多かったのですが、ホールデン氏のお話も、
メセナを考える上でも、とても勉強になるものでした。

続きを読む >>

        

資生堂メセナの現場を訪れる〜資生堂企業資料館・アートハウス@掛川〜

4月20日、企業メセナの現場を訪れる「フィールド視察」として、静岡の掛川にある資生堂企業資料館と資生堂アートハウスに行ってきました。参加いただいたのは、協議会会員の皆様のほか、学生さんら一般参加を含む20名。

資生堂のメセナ活動を知るうえで欠かせないふたつの施設。
一方で「企業と文化」の関わりを知り、もう一方で「企業の文化」を理解する。
両者が根底で結びつき、長らく両輪となって動き続けていることを体感できたフィールド視察でした。

続きを読む >>

        

協議会セミナー「楽しい寄付の最新事情―社会を変える寄付のサポーターたち」実施報告

先週金曜日4/23のNHK「Bizスポ」に、チャリティ・プラットフォームの佐藤大吾さんが出演されていました!(Bizスポブログにも関連情報) ご覧になりましたでしょうか?
佐藤さんは、先月講師の一人として協議会の寄付セミナーにもご協力くださいました。以下遅ればせながら、セミナー報告です。
                   *     *     *
去る3月24日、2009年度最後の公開セミナー「楽しい寄付の最新事情―社会を変える寄付のサポーターたち」を開催しました。あいにくの雨天にも関わらず、沖縄や鹿児島など遠方からもお越しいただき、会場いっぱいの約70名の方々にご参加いただきました。



近年、NPOセクターでも企業でも寄付の手法が相当に多様化しています。NPOセクターではその“仕掛け人”である中間支援組織が寄付促進の仕組みづくりや、社会への働きかけに熱心に取り組んでいます。企業でも、社員が参加しやすい寄付プログラムを導入したり、ポイント交換の選択肢に非営利団体への寄付を設けたり。売り上げの一部が寄付される商品も、商品そのものが魅力的で、かつその趣旨や寄付先が、以前より断然オリジナリティに富んでいます。

そうした寄付の「最新事情」を知り、他分野に比べると動きの少ないアート分野での寄付促進につなげられたらと考えたのが、本セミナー開催の背景です。「寄付は楽しい」を特集した『メセナnote61号』の反応が結構あったこともあります。

続きを読む >>

         
search this site.
links
categories
selected entries
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
recommend
いま、地域メセナがおもしろい
いま、地域メセナがおもしろい (JUGEMレビュー »)
社団法人企業メセナ協議会
◆企業メセナがはぐくむ地域のソフトパワー◆
文化活動を通して、魅力ある地域づくりをめざす企業の、個性豊かな実践例をリポート
archives
profile
others
mobile
qrcode
みんなのブログポータル JUGEM               
sponsored links